スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログを引っ越します。

ブログを引っ越すことになりました。

引っ越し先は、コチラです。

これからも、どうぞよろしくお願いします。

スポンサーサイト

オランダ行ってきました

ソーシャルストーリーアドバンスコースを終えた、翌月曜日の17日、オランダに向けて出国し、昨日帰国しました。

今回は、オランダの自閉症学会でしたが、アメリカの最先端の研究者5名とイギリスからは、サイモン・バロン=コーエン、フランチェスカ・ハッペらが講師だったので、ほとんど世界最高レベルの人たちの講演ばかりだった。行ってよかった~。

今回、私は、大会事務局からゲストとして招かれていたけど、出発するそのときまで、行けるかどうかわからなかったので、最後までハラハラしたというか、忙しすぎて準備がままならなかった。

とはいえ、オランダでは、会場のロッテルダム(アムステルダムとハーグの近く)市内と近郊の自閉症学校や支援機関の見学を、現地に住む日本人自閉症家族の方がアレンジしてくださっていたので、とても効率的な見学ができたし、短期間でいろんな情報を得ることができた。



帰国して、時差調整中です。
時差調整が必要なほど加齢を自覚していますが、その時差調整のための生活の工夫も少しはうまくなったようです。

というわけで、報告はまた後日。
今日はおやすみなさい。


長野市~泉佐野市~和歌山市

木曜日の夕方家を出て、羽田泊。

金曜日、羽田~東京~長野  長野で仕事して、長野~東京~羽田~関空~泉佐野市で一泊。

土曜日の今日、泉佐野市で、地元のonbyoneというお母さんたちや支援者たちの勉強会の方々とのお仕事。いろんな出会いがあって素敵な一日だった。

そして、その後、和歌山の自閉症協会の方がお迎えに来てくださり、今はもう和歌山市内のホテルです。午後早い時間帯に到着したので、夕方、マッサージに行った。ゆっくりできた。

明日の日曜日は、和歌山県自閉症協会の皆さんと一緒のお仕事です。

どんな出会いがあるのかな。


TEACCHプログラム研究会神奈川支部@厚木市

昨日は、TEACCHプログラム研究会神奈川支部の勉強会でお話をさせていただいた。

神奈川支部は、TEACCH留学生仲間のうちでも古くからの親しい友達である、諏訪利明先生がいる。私は朝日新聞TEACCH留学生の第1期生、彼は第2期生であり、帰国後はお互いに励ましあって進んできた、心強い仲間でもある。


午前は、最新の早期発見のマイルストーンについて、ビデオを用いて紹介させていただいた。また、最新の脳の研究についても少しだけ紹介した。

午後は、高機能の人たちの移行支援について。
『移行支援』というのは、何も就労支援だけを意味するものではない。
幼児のときから、進学ごとに、移行なのであるということ、それぞれの年代にどのようなことに気をつけて教えていくべきか、などについてお話させていただいた。


諏訪君の仕事ぶりも見ることができて、個人的に収穫だった。
私たちの年代になると、個別のケースにどんな実践ができているか、ということより、地域起こしというか、ネットワーキングというか、それをどのように行政とつなげて、地域における自閉症支援のシステムを構築するかとか、その観点も必要となる。
こういった点でも諏訪君は良くがんばっていると思い、とても嬉しくなった。

仲間が自分の地域でがんばっている姿を見るのは励みになるものだな。

宮崎県発達障害者支援センター 延岡&都城開設記念行事

昨日から宮崎に来ています。

急に入った仕事なのですが、宮崎県が、宮崎市内にある県発達障害者支援センターの他に、チビセンターを2つ開設したのです。

そこで、開設記念行事の一部として講演を頼まれたのでした。


昨日は、延岡市

今日はこれから、都城市です。


県内に、発達障害者支援の拠点らしきものが多数できるのは、どこの地方にとっても好ましいことです。


昨夜は、宮崎県障害福祉課の皆さん、そして、発達障害者支援センターの委託を受けている事業団の皆さんとご一緒に夕食懇談会でしたが、非常に盛り上がりました。

宮崎県は、知事も勢いがありますが、発達障害者支援もこれからますます力が入りそうな感じです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。