スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現代人のストレスマネージメント

昨日は、職員研修日。

今年度から、職場で「職員のためのストレスマネージメント」を、通年で全4回実施しているが、その最終日だった。

これまでの3回は、自分のストレスに気づく、とか、ストレス回避(緩和)体操とかの指導を受けてきたが、最終日であった昨日は、ストレッサー(ストレスの原因)の探り方、ストレスへの対処法などのまとめ。

結局は、自分の感情との内面の闘いも必要とされる。
自分の弱さや弱点と、直接向き合う勇気があるのか。
他者からの目も気になるであろうし、他者からの目に映る自分を知るのも怖い人もいるだろう。

そして、そういう怖さから逃げるのだろう。

そうして、ネガティブな感情が起きた時、そのエネルギーを他者に向けるというのは避けたい事態である。


ストレスは、自覚無く身体に現れていて、身体はその悲鳴を上げていることがあるが、それすら、現代人は気づかない。シグナルに気づかない。
肩こりだって、立派なシグナルだ。


しかし、結局、ストレスマネージメントは、自分の感情のコントロールに尽きるのかもしれないと思う。

自分の感情に気づき、ストレッサーを正確に自覚し、その対処法を注意深く選択し、その対処法と生活再構成にポジティブに取り組む。

自分から逃げてはいけない。

真に自分に優しくなるということは、人に対しても優しくなることであって、人に対してネガティブ感情を持ちがちな段階は、まだまだストレスマネージメントは成功していない。なぜなら、その状態は真に自分に向かい合っていないし、真にあるがままの自分を受け容れきっていないからである。

価値観を変える努力
多角的にものを見る努力。



怠らないでいたいものだ。



スポンサーサイト
コメント

はじめまして^^

私のカイロプラクティックサイトで
こちらの記事を紹介させて頂きましたので
ご連絡させて頂きました。

紹介記事は
http://healthy.livedoor.biz/archives/50300424.html
です。

これからもよろしくお願いいたします^^
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。